脱毛症の種類を知ろう

男性型脱毛症(AGA)


男性型脱毛症(AGA)とは


若年性脱毛症と壮年性脱毛症の総称を指します。
男性だけでなく女性でも発症する可能性はありますが、圧倒的に男性の方が多いのが現状です。
思春期以降から傾向が出てくることが多く、年齢が上がれば上がるほど発症率も高くなります。
前頭部と後頭部の髪が育たなくなり、産毛のようになってしまいます。
これは男性ホルモンの影響によるものです。
ヘアサイクルの休止期よりそのまま成長期に移行しない毛根が増えてしまいます。
そして徐々に髪が少なくなっていきます。

男性型脱毛症は発症する年代により大きく2つのタイプに分けられます。
20代〜30代の比較的若い年齢で発症する場合を若年性脱毛症、40代〜50代にかけての壮年期の脱毛を壮年性脱毛症と分類します。
この二つを合わせた脱毛症の総称を男性型脱毛症(AGA)と呼びます。
若年性脱毛症は発症年齢が若く、一般的なAGAの脱毛原因より複雑な要因が絡むケースが多いため、別の脱毛症として分類されることもあります。

男性型脱毛症(AGA)の原因


ヘアサイクルが乱れ、髪の成長期が短くなり徐々に育たなくなっていきます。
一番の原因は男性ホルモンによる作用と言われています。
男性ホルモンは、テストステロンという物質で、頭部に限り毛が生えづらいという作用をもたらします。
この男性ホルモンが、毛母細胞にある酵素(U型5-α-レダクターゼ)と化合すると強力な男性ホルモン、「5aDHT(5aジヒドロテストステロン)」というホルモンに変化します。
5aDHTに変化した男性ホルモンが、毛乳頭細胞にある受容体(レセプター)に結合すると、非常に強力な発毛抑制作用をしてしまうと言われています。
父親や祖父がハゲているという遺伝的な要素を持つ人は、5aDHTの影響を受けやすくなります。
こうして脱毛の原因となるものが整うと、皮脂や汚れなどが手伝って、脱毛に拍車をかけていくのです。
その結果、正常なヘアサイクルが崩れ毛髪が充分に発育できず、抜け落ちるサイクルが早くなります。
次第に薄毛、抜け毛が進行し、産毛の機能しか持たなくなる退化現象に陥るとされています。

男性型脱毛症(AGA)の対策


主な脱毛原因とされる5αDHTを化学的に抑制させるフィナステリド(プロペシア)と呼ばれる薬剤が医薬品として認められ、医療機関による男性型脱毛症の治療が行われるようになってきました。
使用者の6割に効果が表れ、育毛剤よりも発毛率が高くなります。
AGAを取り扱う医療機関のほとんどがこのフィナステリド錠の処方を行っていますが、性欲減退や性機能に支障をきたすなどの副作用があり、使用を中止すると2週間ほどで5aDHTの値が元に戻ってしまいます。
薬は科学的根拠に基づき処方されるものですが、副作用もあります。
薬だけでは髪は生えてきません。本当に大切なことは、根本を探り対策することです。
髪が本来生えていた頭皮の状態にすることが何よりも重要となります。
一般的に男性型脱毛は遺伝的要素が大きいとされていますが、ホルモンに対する受容体の反応の強さが遺伝するだけであり、脱毛症そのものが遺伝子に情報として組み込まれている訳ではありません。
遺伝により髪が抜けやすい「体質」を持ち合わせてしまっている方は、ほんのささいな原因で抜け毛や薄毛に繋がってしまいますので、その体質と原因を分析してみて下さい。

育毛 対策

女性へのおすすめ

2 マイナチュレ
マイナチュレ 90日間返金保障!!
無添加だからこその安心感。育毛業界の常識を覆す《新発想》のもと開発された無添加育毛剤です。
2 プログノ2000
リヴァイタル・シャンプー 4つの成分が髪だけじゃなく関節や肌にも良い万能サプリですので幅広い効果が期待できます☆
花蘭咲(カランサ)
花蘭咲 全額返金補償!初回お試し価格
〜特許成分エビネエキス配合〜
女性の薄毛に着目した優しい養毛料
薄毛・抜け毛の原因&対策
サプリメント
サイドメニュー